水晶体脱臼

水晶体脱臼は様々な原因で発生しますが、遺伝的素因として特に注意が必要なのはブル・テリアやジャックラッセル・テリアなどのテリア系犬種です。水晶体が前方に脱臼した場合は特に緊急を要するため、そのまま入院となる場合もあります。通常、視覚が残っている場合は水晶体を取り出す手術を行います。