シルマー涙試験

試験紙を使って1分間に分泌される涙液の量を測ります。通常、犬は1分間に15mm以上分泌されるのが正常です。5mm/分以下になると重度のドライアイと診断され、治療による改善率は著しく低下します。