核硬化症

白内障とよく似た疾患に核硬化症があります。これは動物の加齢により水晶体内の密度が増し、中心部分の水晶体線維が硬くなる生理現象です。犬では6歳頃より始まり、水晶体中央部にリング状の白濁がみられます。大きく視覚を損なうことはなく治療の必要はありませんが、白内障が混在することがありますので定期的なeye checkをおすすめします。